FC2ブログ

気持ちよく打たれること

剣道の稽古では、“気持ちよく打たれる事”が大事という話です。

相手を対した時に、打とう、勝とう、打たれまい、負けまいという心が湧いてくるのは至極当然。
しかし、この感覚に始終していたのでは剣道の進歩は望むべくもない。

心身を練り磨くという事を考えるならば、だんだんと稽古を積む内に、身も心も開け放って、
打たれる気持ちで自らを相手にさらすようにするべきである。
身を捨てる心で相対し、打たれても突かれてもそこから逃げず、あえて前に出ていくのである。
それが自然に出来てくれば、逆に相手を打つ機会や間が見えてくるものである。

“虎穴に入らずんば虎児を得ず”。我が身を相手から離れた所に置き、
危険をおかさずによい所を打とうと思ってもそうはいかないものである。

心を開いてしっかり気持ちよく打たれる事である。

打つと打たれるは表裏一体で、打たれる事で相手を打つ機会や間がみえてくるという事。
ちょっと違う見方をすると、どうぞ打ってくださいという開け放った気持ち、
すなわち捨てきった姿で相対していると、相手側は逆になかなか打てるものではない。
欲心が無いから心は静まり、気も動かない。
これは相手の心に何も映っていない状態に等しい。
それでも相手は何とかして打とうとする。
その気持ちが無理な動きとなって表れ、打つべき機会と間が生まれてくる。

という事です。打たれまいと思って策を弄するのではなく、どうぞ隙があれば打ってください、
私もひたすら真っ直ぐに打って出ます、宜しく御願いします、といったような心構えでしょうか。

打って感謝、打たれて感謝の気持ちをいつももって稽古を致しましょう。

【文:北村】
スポンサーサイト



プロフィール

KENINKAI

Author:KENINKAI
インドの首都ニューデリーで剣道を愛する日系駐在員が集まり稽古を始めた同好会の公式ホームページです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
FC2カウンター
月刊剣道時代ブログパーツ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
5743位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1563位
アクセスランキングを見る>>