FC2ブログ

2009年9月20日稽古内容






9月20日稽古内容を下記いたします。
K先生いつも稽古内容のご報告有難うございます。
I先生も写真ありがとうございます。


【中学生以上の部】

■ 参加者
   4名

■ 稽古内容
   ◇ すり足
      二人で向かい合い、一人が好きにすり足を行い、それに相手が合わせて同じ間合いを
      取る稽古。相手の動きを読む、といっても難しく出来ないので、いかに早く相手の動きに

ついていくか、それは足運び、左足の引きつけを早くする事が重要。



   ◇ 竹刀の構え方
      へそ下三寸ぐらいの所、丹田の場所に右拳を一個おいて、そこに左拳を置く。

      竹刀の剣先は、相手ののど元につける。

      竹刀の持ち方は、つる(竹刀の中心)に両手とも親指と人差し指の分かれ目が

      くるように握り、竹刀をつつみこむように柔らかく握る事。

   ◇ 間合いと気合い
      小手は遠間からでも打てる。面は一足一刀のの間から、胴は近間から。
      声の大きさと力は、小手→面→胴に従って大きくなる。胴を切ろうと思ったら大きな力が
      必要、大きな力を出すためには大きな声が必要。



◇ 呼吸法と気合い

呼吸は、へそ下三寸にある丹田に力が集中するようなイメージで行う。打突する時は

息を吐く時。出来るだけ長くはき、短く吸う。胸で吸うのではなく、腹式呼吸をする事。
又、腹から息をはく時も吸う時と一緒で、腹をへこまさずそのまま息をはく事。
大きな声を出す時は、手を腹にあてれば分かるが、腹はへっこまない、逆に出てくる
ようなイメージ。大きな声、大きな力を出す為には、腹式呼吸で腹がひっこまないような

吐き方が常時出来るようにする事

      この呼吸法で、丹田に力がたまると人が後ろから押しても簡単に動かなくなる。不動心
      も養われます。次回も再度説明します。大事なので。

   ◇ 面3挙動
      竹刀を振り上げるときは、まっすぐに真上に引き上げるイメージ、頭の上拳一個上に
      両手が来て、45度ぐらいに竹刀がなるイメージ。

      面を打つときは、左手の拳が相手ののど元にくるような高さで打突を行う



今週の稽古は、すり足、呼吸法、面うちー素振り稽古を行います。

小学生の部は参加者3名でした。

スポンサーサイト



プロフィール

KENINKAI

Author:KENINKAI
インドの首都ニューデリーで剣道を愛する日系駐在員が集まり稽古を始めた同好会の公式ホームページです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事
FC2カウンター
月刊剣道時代ブログパーツ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
5888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1651位
アクセスランキングを見る>>