FC2ブログ

入会規定

Revised: Sept 21, 2014
印度剣印会 入会規定
Provisions relating to admission to membership of the INDO KENINKAI

1. 印度剣印会(以下当会と言う)は、日本の剣道理念に基づき、剣の理法の修練による人間形成の道を学ぶとともに会員相互の親睦と青少年の健全育成を図ることを目的とする。
Board of the INDO KENINKAI (hereinafter referred to as the Association) is, based on the philosophy of Japanese kendo, and intended to learn “the way of developing the person” by self-acquisition “nature (Riho) of the Ken”, and promote the sound development of youth and friendship among members.

2. 入会は原則として、3、4月および9、10月の年に2回受け付ける。入会資格は小学校一年生以上とする。ただし、先生方の判断により、小学生以下の入会も例外的に認めるものとする。申し込みは、少年部員の場合様式1の申込書を使用する。
Admission will be accepted in-principle twice a year during March/April and September/October. Eligibility for membership shall be first-grade and over of elementary school. However, membership of under first-grade shall be given with the approval of the instructors exceptionally. Application for the members who are youth shall be used as the application form.

3. 当会は、剣道稽古中の負傷は応急の処置以外の責は負わない。
In case of the injury in practicing kendo, the association will not bear any expenses and responsibility more than emergency treatment.

4. 保護者は、当番、錬成大会、保護者会、昇級審査等、当会の行事に積極的に協力して、子弟の育成を図る。
Parents shall actively corporate their duty, competition, parent meeting, examinations, etc., in order to nurture youth member.

5. 保護者は、自宅から道場までの往復の子弟の安全に関して全責任を負うものとし、
当会は一切の責を負わない。又、稽古時は道場にて子弟の稽古を最後まで見守り、
子弟の稽古内容、進歩を把握しながら親子共々稽古に参加する事を前提とする。
Parents assumes full responsibility for the safety of the children of the way to and from the dojo, the Association is not liable for any kind of damages. And, Parents (one of them) need to participate in Keiko (Practice) in seeing children’s Keiko at Dojyo (Gym) until end of Keiko to recognize the content of Keiko and progress of children’s skill. Principle of Keiko - Together with Children.

6. 剣道修業中は何事によらず相談する事があれば指導者を通じて申し込み、問題の早期解決を図る。
You may consult instructors in case any problems. The Association helps you for the early resolution of these problems.

7. 長期無断欠席及び指導者の注意や指導を守れない場合は、その者を破門するものとする。
In case you cannot attend for long-term or cannot follow the instruction by instructors, it is assumed that your membership will be cancelled.


8. 退会する場合は必ず会長及び副会長、もしくはいずれかの承認を受ける。休会の場合(病気等)もこれに準ずる。但し、帰任時、日本人学校校卒業時は不要とする。
The member who will resign shall take approval by Chairman and/or Vice Chairman after a notice. This also includes illness etc. However in case of leaving from India or graduation of Japanese school it is not required.

9. 会費は月額INR100として、毎年度4月及び10月初めに半年分(INR600)一人当たり支払うものとする。年度途中の入会の場合は、9月、3月迄の分を支払うものとする。
退会等が年度途中であっても、会費の払い戻しはしない。
You should pay INR 600 (INR 100 per month) as half yearly fee in April or October every year. In the case of admission in the middle year, it is assumed that pay up to September or March.
Even in case of withdrawal of membership in the middle of the year, the fee will be not refundable.

10.剣印会は、日本人会の活動の一環であり、日本人会よりの活動補助及び、日本人学校体育館使用費も
   日本人会会員が負担する会費の一部より負担してもらっており、会員は必ず日本人会に各自所属し、日本人
   会へ会費(半期毎)を支払う事を義務づける。
  The association is one of the activities of Japanese Association which provides us monetary support
and bears the expenses of using Japanese school gymnasium out of admission fees paid by all
Japanese association members. Therefore, you have duty to join the member of Japanese Association
to pay admission fees (Half year basis).

  (活動の詳細は剣印会公式ブログkeninkai.blog16.fc2.comを参照下さい。)  
   For further information, visit our official blog of the KENINKAI “keninkai’blog16.fc2.com” 

スポンサーサイト



Chalo 8月号にサークル募集掲載しました

chalo.jpg

asia tournament02 zokingake.jpg kitagaito bros


インド無料日本語情報誌『月刊Chalo(チャロー)』8月号サークル募集のコーナーに、剣印会の活動を掲載いただきました!

ということで、新たにブログを見に来てくれる人が増えることを祈って、改めまして剣印会の活動をご紹介。

印度剣印会は、インド共和国デリー日本人学校で2009年2月より、毎週日曜日の13時~15時半過ぎ(前半子供、後半大人)に稽古をしております。

現在、大人が男女約20名、小中学生が20名弱で構成されています。子供たちのほとんどは、インドで始めた子たちです。子供につられて?始めたお父さん、お母さんもいらっしゃいます。インドで稽古を始めて最近初段を取得された方もいます。最近は、要望にお応えして日本人以外の方にも入会を広げるまでになりました。

子供の指導においては、スポーツとしてはなく、武道としての剣道をモットーにしています。稽古前には、雑巾がけもやっています。ここインドにおいても日本と同様に礼儀や礼節を重んじて、時には厳しくしかることもあります。

指導者として、三段から五段の先生が大人の初心者にも丁寧に指導していますので、お気軽に見学にお越しください。

それから、随分昔に稽古していたことがある、ブランク組のあなた!10年ぶり、20年ぶりの方もごろごろおります。一緒に久しぶりに腕を磨きましょう。インドご出張の合間にちょっと稽古、という方も是非どうぞ。

皆様の応援よろしくお願いたします。

*ご興味ある方は、この記事のコメント欄にご記入下さい。

テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

公式ブログ紹介

Keninkai2010-3-01 Keninkai2010-3-02 Keninkai2010-3-03 部員募集


剣印会公式ブログです。

インド共和国デリー日本人学校で2009年2月より活動しております。現在成人男女で約10名が参加し、毎週日曜日の12:30~15:30(前半子供、後半大人)に稽古をしております。 まさかインドという異国の地で剣道ができるとは思ってもいませんでしたが、思いもかけず皆さんに参加頂いております。 今後も経験者・未経験者・年齢を問わず、いろいろな方に参加していただきたいと思いこのブログを立ち上げました。皆様の応援よろしくお願いたします。

入会随時募集中です。是非稽古にお越し下さい!
*ご興味ある方は、この記事のコメント欄にご記入下さい。

インドに渡航される方にお願い

剣印会の皆様、一件御願いが御座います。

日本の剣道団体にて(詳細は割愛しますが、私が懇意にしている先生方がおられる勇士の方々です)、今後新しい剣士の方々が稽古を出来やすい環境にする為に中古防具を10セット寄贈しようという動きがあります。すでに、全国の勇士から集まり出しているとの事です。ただ、勇士であるだけに、インドまで10組を送付する為には10万円ほどはかかりますので、その輸送料をもって頂く訳にはいきません。

そこで、一つ御願いです。

どなたか会社の方で、近く船便を送付される方はおられませんでしょうか?

誠に恐縮ですが、8セット(約50キロ)を船便に入れて頂く事が出来ないでしょうか?半分でも結構です。それと竹刀も提供して頂けるようですので、竹刀も御願いする事になろうかと思います。2セットは今回一時帰国致しますが、私の方でHand Carryでもって帰ってくる予定です。

かなり古い防具ではあるようですが、勇士の皆さんで小手等修理をして頂いているようです。恐縮ですが、皆さん快くやって頂いているとの事です。

インドまで持ってくる為に何かいい手が無いか、智恵をかして頂きたく宜しく御願い致します。

以上宜しく御願い致します。

《剣印会・北村》
プロフィール

KENINKAI

Author:KENINKAI
インドの首都ニューデリーで剣道を愛する日系駐在員が集まり稽古を始めた同好会の公式ホームページです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2020年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
FC2カウンター
月刊剣道時代ブログパーツ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
5888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1651位
アクセスランキングを見る>>