FC2ブログ

宮崎正裕八段

http://www.youtube.com/watch?v=2d-qqgy-Dpg&feature=related
今回は、昭和の剣聖と言われた宮崎正裕教士八段(全日本剣道選手権で、優勝6回・準優勝2回(内、2連覇2回)という驚異的な結果を残す)の試合YOU TUBEをご覧下さい。神業とも思うような面打ちには思わず息をのんでしまいます。一流選手の面打ちの早さ、間合いの取り方、相手の起こりに対する出ばな面等、素晴らしい技を今回は楽しんで下さい。

気持ちよく打たれること

剣道の稽古では、“気持ちよく打たれる事”が大事という話です。

相手を対した時に、打とう、勝とう、打たれまい、負けまいという心が湧いてくるのは至極当然。
しかし、この感覚に始終していたのでは剣道の進歩は望むべくもない。

心身を練り磨くという事を考えるならば、だんだんと稽古を積む内に、身も心も開け放って、
打たれる気持ちで自らを相手にさらすようにするべきである。
身を捨てる心で相対し、打たれても突かれてもそこから逃げず、あえて前に出ていくのである。
それが自然に出来てくれば、逆に相手を打つ機会や間が見えてくるものである。

“虎穴に入らずんば虎児を得ず”。我が身を相手から離れた所に置き、
危険をおかさずによい所を打とうと思ってもそうはいかないものである。

心を開いてしっかり気持ちよく打たれる事である。

打つと打たれるは表裏一体で、打たれる事で相手を打つ機会や間がみえてくるという事。
ちょっと違う見方をすると、どうぞ打ってくださいという開け放った気持ち、
すなわち捨てきった姿で相対していると、相手側は逆になかなか打てるものではない。
欲心が無いから心は静まり、気も動かない。
これは相手の心に何も映っていない状態に等しい。
それでも相手は何とかして打とうとする。
その気持ちが無理な動きとなって表れ、打つべき機会と間が生まれてくる。

という事です。打たれまいと思って策を弄するのではなく、どうぞ隙があれば打ってください、
私もひたすら真っ直ぐに打って出ます、宜しく御願いします、といったような心構えでしょうか。

打って感謝、打たれて感謝の気持ちをいつももって稽古を致しましょう。

【文:北村】

心を強くすること

今日は、心を強くする事に関して話をしたいと思います。

剣道はよく“心技一体”という言葉をよく使います。打突する時にも“心”が伴わないと立派な打ちにはならないという事です。

剣道用語で“四戒”という言葉があります。

-驚かない (おどろかない)

-懼れない (おそれない)

-疑わない (うたがわない)

-迷わない (まよわない) 

私達が、生きている中で、誰もがもつもつ感情ですね。

この四つの戒、驚、懼、疑、惑を心に生じさせないで“平常心”で相手と戦う、これが心技一体の心につながります。

剣での戦いの中では、生命のやりとりを行うだけに、予期せぬ事態や、見知らぬ相手に心が動揺し、このような感情が出てきます。このような感情を持つと、心が動揺し、そして動きも日頃と同じ動きが出来なくなります。

四戒を生じさせずに、平常心で相手に向かう事が出来たのが剣豪と言われる人たちで、その境地に至ることこそ修行の道だったのだと思います。

剣道の修行は、四戒を克服する為にも非常に有効であり、心の鍛錬にもなります。皆さんが、社会人となり家庭を持ち、いろんな困難に遭遇する事もあるでしょうが、その時の心を鍛える為にも是非剣道を学び、稽古を続けていって欲しいと切に思います。

では、今週は1時からの稽古です。皆さん、水泳大会、頑張って下さいよ。私も二階席から皆さんを応援しています!!

【文:北村】

*記事掲載が遅くなって申し訳ございません。(山田)

気合いとは?

先週 気合いの話をしましたので、引き続き。

ちょっと堅苦しい言い方ではありますが、気合いとは?

全身に気力を充満させ、少しの油断もなければ邪念もない状態をいう。
気合いには、有声と無声とがあり、掛け声として外に発するものと、体内の気力に内
蔵して声を外に発しないものとがある。

いづれも相手に隙を与えず、また相手に一瞬の隙でも生じたら、直ちに打ち込む状態
を言い、弓なら矢を満月に引き絞って

いつでも放てる状態を言う。剣道では、気合いは極めて重要で、普段は自己より強い
相手でも、試合でたまに勝ったりするのは

気合いの充実度にほかならない。初心のうちは、相手に威力を感じさせるくらい、力
のこもった、腹の底からの発声を心がける

ことによって、気合いが徐々に育成されるのである。

まずは大きな声を腹から出す!!という事をいつも心がけて下さい。

今週の稽古も頑張りましょう。

《文:北村》

妄心

ピアノ奏者は指を忘れる、ムカデは足がもつれない、という話を今日はしたいと思います。

一流のピアノ奏者は、指の存在を忘れ、ムカデはあれだけ多くある足を意識しないのでうまくリズミカルに歩ける、足の存在を忘れている。

指、足はあっても無いのと同じであり、忘れることが指、足をよく働かせることだとすると、無いこと、忘れることはそのまま有ると言うことになる(訳がわからんでですね~。。。禅問答みたいですが)

人間は、体を忘れているときが一番健康であり、例えばいつも胃を意識してテレビを見ていると薬のコマーシャルに目、耳がいくような人は胃が悪い人である。体の状態などすっかり忘れている。これは体は有っても無いに等しく、またそれが健康であるという事の証だということは、無いことがすなわち、あるということであり、ピアノの指、ムカデの足と同じである。

剣道でも、打とう、突こうと意識する心は「妄心」すなわち、一つのことにとらわれ固まった悪しき心とされている。無心にて無意識に打つ、修行する者としては、やはりここ求めるべきであろう。

剣道用語でいうと、以前も言及した事がありますが、無念無想の境地。体が勝手に動き、見事な打ち込みをする、という事です。

この境地にいくには修行が必要ですが、ここが達人の境地だと私も思います。

剣の道は奥深いものです。

では、今週も稽古頑張りましょう。

《文:北村》
プロフィール

KENINKAI

Author:KENINKAI
インドの首都ニューデリーで剣道を愛する日系駐在員が集まり稽古を始めた同好会の公式ホームページです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
FC2カウンター
月刊剣道時代ブログパーツ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
4655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1320位
アクセスランキングを見る>>