津田先生との稽古

8月12日(土)の稽古に日本から津田先生(7段)に参加いただき充実した素晴らしいご指導ならびに稽古を行うことができました。
津田先生からは道着、袴、竹刀、防具のご支援をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。
また、当日はこれまで剣印会メンバーをキャプテンとして引っ張ってくれた菅野くんの最後の稽古でもありました。
菅野君らしく立派な挨拶と稽古だったと思います。
またどこかで剣を交える日を楽しみにしています。

以下、北村会長からのメッセージです。

---------------------------------------------------------------------
本日は津田先生と素晴らしい稽古が出来ました。
稽古に参加された皆さん、ありがとうございます、そしてご苦労様でした。
ご父兄の皆さんもありがとうございました。

津田先生より稽古終了後にとても嬉しい話を頂きましたのでシェアー致します。

剣印会の子供達は礼儀がしっかりしている。私と稽古する時に、最初の蹲踞は割と
どこでもしっかりと蹲踞し礼も出来るが、稽古が終わった後の蹲踞、礼はなかなか
しっかり出来ない。しかし剣印会の子供達は、礼をするという意味をしっかりと理解
しているようで素晴らしい。

剣印会の子供達は、剣印会の誇りでもあります。
私達先生も嬉しい限りです。

後、菅野君が津田先生への感謝も含めた最後の稽古後の挨拶をしてくれました。
心のこもったいい挨拶でした。特に親御さんに対する“ありがとう”の言葉は美しい
ですね。いい剣士に育ったと思います。

菅野君の後の号令は、歌丸哲に今後やってもらいます。
哲は、土曜日も毎回稽古に来ており、剣道に対する真面目な態度は目を見張るものが
あります。5年生ではありますが、皆を引っ張っていく力があると判断しております。
重責かもしれませんが、皆でバックアップしてあげて下さい。

津田先生ご指導風景
津田先生 集合写真

8月、9月、10月の稽古お休みについて

いつも剣印会ブログをご覧いただきありがとうございます。
また、日頃より、剣印会の活動にご理解とご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。

8月、9月、10月の稽古日程について下記の通りご連絡します。

 ・8月13日(日) 稽古なし 

 ・9月23日(土) 稽古なし (日本人学校夏祭りのため)

 ・9月30日(土) 稽古なし (祭日ダシャラのため、学校開放なし)

 ・10月8日(日) 稽古なし (日本人学校運動会のため)

上記以外は通常通りの予定です。

中学生昇級審査&第11回練成大会(中学生のみ)

8月6日(日)、ニューデリー日本人学校体育館にて中学部の昇級試験、試合を行いました。
以下、北村会長のレビューコメントをUPします。

菅野 2級
土屋 2級
広瀬 3級

と皆さん、各一級づつ進級致しました。
ほぼ文句無の立合いで、気合、残心ともになかなか立派なものでした。
審査席から見ていて、成長したな〜と感動しておりました。

切り返しが小さい、立った時に後ろに下がるな、さがる時にすり足でとコメントは
致しましたが、全般的に見事で立派な立合いでした。

試合は、菅野君優勝、沖君準優勝の結果です。

菅野君は全試合とも圧勝ともいえる試合内容でしたが、稽古をほぼ毎週土曜日参加し、
真摯に剣道と向き合った結果だと思います。最初は本当に弱っちい菅野君でしたが、
今は初段合格も間違いないレベルまで研鑽した結果きています。
稽古は、嘘をつかない、の素晴らしい例と言えます。

又、菅野君の追出し掛り稽古も立派でした。
菅野君とは、稽古の中で面の勝負を続けてきましたが、掛り稽古の中でも、そして
試合の中でも立派な面が打てるようになってきました。頭を割る面を身につけてきた
と思います。感動するような素晴らしい面が随所にありました。
このまま是非面を磨いていって欲しいと思います。

9月17日は中学生以外の昇級試験、試合、大人の試合及び懇親会を行います。
皆さん、予定にいれておいて下さい。

Result of the exam and tournament.

Kanno 2 kyu
Tsuchiya 2 kyu
Hirose 3 kyu

All of them one kyu step up.
Wonderful attitude for all. I was impressed a lot for their progress!!

The result of tournament
Kanno 1st prize
Oki 2nd prize

The victory of Kanno was because of the sincere attitude to keiko attending Sat
Keiko every weeks. His Men was quite impressive and just like cut the head.
This is simply because of his passion to learn Kendo and this is good example
of “ Practice will never tell lie, meaning that Practice will certainly lead
the steady improvement”.

Sept 17, we will organize Renseikai for other children and sensei tournament and
party in the night. Pls block your schedule.

Thanks

20170806



竹田先生立切

2017年5月21日(日)、ニューデリー日本人学校体育館にて竹田先生の立切を行いました。
以下、北村会長のコメントを掲載します。


昨日 竹田先生の立切が行われました。
剣道の素晴らしさ、凄味を実感できた立切でした。

後半には、左手の指がつってしまい、慣れない右手上段での試合を余儀なくされたりと、
苦しい試合展開でもありましたが、見事20名 立切られました。実に感動的で、立派な
立ち合いでした。

50歳を越えてからの、立切挑戦は実に勇気のいる事であり、自分の事だけ考えれば、何も
こんな苦しくて大変な事をする必要はありません。
竹田先生は、お世話になった剣印会に対するお礼も含め、子供達へ、厳しい事に対して挑戦
する意思、諦めず苦しくても最後まで頑張る姿を見せる、という覚悟、思いで立切に挑戦
されました。そのメッセージは皆さんの心にしっかりと届いたと思います。

出来るはずがない、と言ったような挑戦に臨まねばならない事が、皆さんのこれからの人生
で必ず出てきます。その時に、強さになるのは、自分の為にやるのではなく、人の為にと、
思えるかどうかです。お世話になった人、恩師、ご両親、友達、彼女、世の中の人、誰でも
いい、“For People”がベースにあれば、強い力となってどんなに苦しい事でも耐えられる
ものです。

かっこいいいい方をすると、“愛と誠”やな。人に対する愛情があるから、人に対して誠実
だから、魂に訴えるものがあり、人が感動して物事が動いていく。

竹田先生の立切は“魂”そのものでした。

剣印会手ぬぐいの“魂”という言葉を、皆さん面つける時に、しっかりとみて稽古に臨んで
みましょう。きっと勇気が出ますよ。


竹田先生、本当に素晴らしい時間をありがとうございました。
これからも剣印会を日本からサポート宜しく御願い致します。

ちなみに竹田先生は、今週の土日も含め、数回はまだ稽古に参加されます。

Yesterday, Tachikiri by Takeda sensei was done.
Lots of inspiration to recognize again for wonderfulness of Kendo.

Latter part of match, Takeda sensei had cramp in left finger, which forced him
to fight only with right arms. Tough fight but he did complete all of 20 matches.
Beyond description to explain how inspiring and wonderful it was.

For over age 50, courage will be required to challenge for Tachikiri and no need
for Takeda sensei to do it considering himself only – it’s simply too tough!!
Takeda sensei challenged not for himself but for ALL OF US.
He did it to show the spirit to all of us to face the difficult challenge.
He wanted to show NEVER GIVE UP SPIRIT until the last minutes.
I believe his message has been well delivered to your soul.

It is sure that all of you need to face the difficulties which you think you cannot
do. At that time, the difference of the result will come from the mind set of “Not
for me but for people”. When you challenge for any difficulties, if there is the
word of “For people” in your heart, Force will be all the time with you to make
things better.
In other words, do it with “Love” and “Sincerity” to people. Then, it will inspire
people’s SOUL and make the things moving in favorable way.

Takeda sensei Tachikiri is showing us REAL “ SOUL “. .

Look at the word of “ Soul “ in Keninkai men towel. I am sure that you will get the
courage from it before starting Keiko.

Once again, deep appreciation to Takeda sensei for the Inspiring Tachikiri.

By the way, Takeda sensei will participate in Keiko several times including this week
Sat/Sunday Keiko before going back to Japan.

立切_20170521

昇段試験&香港大会

2017年3月10日~12日に香港で開催された17th Hong Kong Asian Open Kendo Championshipsに参加しました。
以下、北村会長の結果報告レポートをUPします。
-----------------------------------------------------------------------------
English reader after Japanese version
10日〜12日にかけて香港にて恒例の昇段試験、国際試合が開催されました。
結果を報告します。

■ 昇段試験
初段 光岡、丹下
二段 木村
三段 塩見
四段 坂口
以上、5名の剣士が見事昇段試験に合格されました。日頃の修練、鍛錬、稽古の結果です。
皆さん、おめでとうございます。
あくまでも、これは通過点であり、満足する事無く、次の段に向けての稽古を開始して下さい。
頂いた段に相応しい剣道を目指すと同時に、次の段を視野においた稽古を致しましょう。
松澤さん三段、井上さん 五段は残念ながら次回にという事になりました。
今回の経験を稽古に生かして、次回は是非合格致しましょう。

■ 試合(5 Men Tournament)58チーム参加
残念ながらAチーム(2敗)、Bチーム(1勝1敗)ともに決勝トーナメントに勝ち上がる事は
出来ませんでした。
ただ、国際大会初出場の木村さんの小手(一本勝ち)、坂口さんの小気味よい試合、何と言っても
田中さんの強敵をなぎ倒した圧巻の試合、見どころは多くありました。
そして田甫先生、日本からの参加、感謝、感謝です。
勝ちには、勝ちの理由なし、負けには負けの理由あり。今回の敗戦を反省し、来年の香港大会に
向けて更に全員で精進をしたいと思います。
今回、竹田先生が社用で急遽参加出来なくなった事は、とても残念でしたが、竹田先生が一番
悔しかったと思います。

  優勝はSONYで、2年連続の優勝となり、前人未到の結果。17回香港大会の歴史の中で、初めて
の快挙となりました。決勝戦は、天津日本人チームとの死闘でしたが、本数でSONYの勝ち。
素晴らしいレベルの高い試合でした。

又、来年も剣印会から挑戦をします。

The result of HK dan examination and tournament held from 10 to 12th

1) Dan examination
1st Mituoka, Tange
2nd Kimura
3d Shiomi
4th Sakaguchi

Those 5 passed the examination. This is certainly the result of their Keiko for this
challenge. Big congratulations on all of them!!
This is only one step and one process to go to next step of Dan and we should start the
Keiko deserving each dan and at the same time aiming for next dan.

Matsuzawa 3dan and Inoune 5 dan this time could not pass the exam. Learning from the
experience, let’s challenge for next opportunity.

2. 5 Men tournament total 58 team attended
Regret to say but both A and B team could not go up to tournament for final match.
A team 2 lost, B team 1 win and 2 lost.

But, outstanding match is like Kimura first international match good kote, Sakaguchi
beautiful match, inspiring Tanaka beating strong opponents.
And we thank Taho who participated this time all the way from Japan.
There are certain reasons why we lost. Reflecting and thinking over why we lost, we
will start Keiko for next year HK tournament.

This time, Takeda sensei could not participate due to urgent company related issue.

The winner is SONY -2 year consecutive of 1st time in the history of HK 17th tournaments.
Wonderful skillful match!!

Next year as well, we will challenge for HK tournament.

-------------------------------------------------------------------------------
HK_Mar2017
HK2_Mar2017





プロフィール

KENINKAI

Author:KENINKAI
インドの首都ニューデリーで剣道を愛する日系駐在員が集まり稽古を始めた同好会の公式ホームページです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
FC2カウンター
月刊剣道時代ブログパーツ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1021位
アクセスランキングを見る>>